2009年04月12日

クロール

クロール 通称「フリー/自由形」
4泳法の中でも、クロールは基本的な泳ぎとなります。


・・・クロールの泳ぎ方のコツとは?・・・

水泳の基本となるクロール。
泳ぎの苦手な人は皆、「息継ぎ」が難しいといいます。

実際、自分がクロールを習い始めたころ、タイミングをつかむのがとても難しく、やっとできた息継ぎも、なんだかからだの半分以上を反動で出して・・・といったような、見るに耐えられないものだったはずです(^_^);
----------------
さらに、泳げない人は連鎖反応で水を嫌いになりがち。
泳げない⇒怖い⇒こわごわ習う⇒息継ぎできない⇒水を飲む⇒パニックになる⇒もう嫌だ⇒水嫌い⇒水泳嫌い

といったところでしょうか。
----------------
でも、泳ぎをマスターしていくうちに、確実に楽しくなるのが水泳です。


スポーツ全般にいえることだと思いますが、まずは、動画を見ながらイメージトレーニングから入ってみるのもよいですね。ある程度、身体が一連のフォームを覚えると、実際に水に入って練習したときに上達も早いはずです。

----------------
◆クロールの練習順序
@腰かけキック
A呼吸練習(前後、左右)
B壁キック(呼吸しながら)
Cビート板キック(呼吸しながら)
Dけのび(ストリームライン)
E面かぶりキック(手を前にそろえ、顔は水面につけキック)
Fストロークの練習(入水、キャッチ、プル、プッシュ、リカバリー)
Gノーブレ(呼吸ナシ)クロール(手足のコンビネーション練習、左右のローリン グを使うと腕を 回しやすい)
H片手クロール(ビート板付き、呼吸も)
I交互ストローク(ビート板付き、呼吸も)
J補助付き交互ストローク(指導員が後退しながら補助、最初は手を支えるが次第に触れる だけにし補助なしへ移行する)
K補助なし交互ストローク(クロール)

----------------
◆クロール 息継ぎのコツ
胸のあたりをかいているときに顔を横に上げ、あばら骨を通り過ぎる頃に息を吸います。このタイミングが遅すぎると頭があがってしまうので、息継ぎが苦しくなってしまいます。
息継ぎで大事なことは、「息を吐く」ということ。吐かなければ息を吸うことはできませんから。
こうすることにより、自然に息継ぎをすることができます。息継ぎのときの顔は、脇を見るようにすると、口から水面に出ることができますので、スムーズに行うことができます。慣れるまでは水を飲んでしまうかもしれませんが、練習を重ねるうちにきっとできるようになるはずです!

----------------
◆クロール 手の動きの色々
水泳で、手で水をかくことを「プル」といいます。プルには3種類あり、ストレートプル、C字プル、S字プルとありますが、初心者はストレートからはじめましょう。徐々にC字、S字と移っていきましょう。
共通していえることは、遠くに手を入れて、遠くから出すということです。手を水に入れる、引く、押す、水から手を出す、腕を前に戻す、この5つの動作があります。
上級者になればS字となり、スピードUPにつながります。
見た目も「泳げます!」といった雰囲気ですよね。

----------------
特に小さい子供のころから習い始めれば上達も早いし、何より自信につながります。

まずは水に慣れること、そして、クロールをマスターしたら、
“浜辺やプールサイドで見てるだけ”から脱出できますヨ♪














posted by mihotana00 at 12:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

ベビースイミング

***************************************

    ベビースイミング

***************************************

私は3歳からスイミングスクールに通い始めましたが、
もっと幼い時期から行う ベビースイミング とは、果たしてどんな効果があるのでしょうか。


ベビースイミングは一般的に、6ヶ月〜3歳までとされています。
水泳技術の上達でいうと3歳以上が効果があり、3歳未満では技術的な効果は期待できないとみられています。
お母さんと子供が一緒に入ってプールで水遊びをする程度ですね。
でもそれが大事なスキンシップにつながるわけです。


親と子供が一緒に楽しむスキンシップにより心身ともにリフレッシュできたり、風邪に対して抵抗力が付いたりといった効果が期待できます。

また、スイミングをすると(水に入ると)体がすごく重くなった気がしますよね。
ですから、良く食べ、良く熟睡するようになり、体のリズムが良くなっていくと思います。
(自らの体験より^^v)



現代、乳幼児を持つご両親へのアンケートによると、将来子供にさせたいスポーツは何かと聞いたところ、なんと45.8%の人がスイミングと解答したそう。
また、今通っている習い事はスイミングと答えた人が45%。スイミングしていない子の親も今後スイミングを習わせたいという解答は68%。

とにかく子供にはスイミングをさせたいという親が非常に増加しているようですね(^_^)♪

----------------
わたしも大賛成です♪

とにかく、はじめ嫌がっていても、次第に楽しくなっていくのが、「水」=スイミングです。

わたしは3歳で親から離され、コーチに託されてしまいましたが(笑)、ベビースイミングの場合は親子が一緒にいられるかけがえのない時間、そして近い将来、絶対にいろいろな意味で、感謝される時がくるでしょう。。。
----------------

もともと、自宅にプールがある海外で赤ちゃんがそのプールに落ちる事故が多発したために事故予防策として始まったのがベビースイミングのルーツらしいですが・・・
日本では泳ぎをトレーニングするというより、親と子が水と楽しむことを基本にしていることが多いようですネ。とてもいいことだと思います。


***************************************
お試しで体験できるスクールなんかもたくさんあるようなので、
是非一度、ベビースイミング 体験してみてくださいね!(^_^)v










posted by mihotana00 at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

水泳 教室

***************************************

      水泳の楽しさ

***************************************

これからプール・海のシーズン到来!
ワクワクしますね(^_^)v

でも、ワクワクするのは、泳げるから。

学校の体育の授業でも夏は水泳になりますから、泳げない人にとってはとっても苦痛な時期になるのではないでしょうか?(>_<);


わたしが楽しく学校で体育の授業ができたのもやっぱり“泳げたから”。
小学校・中学校時代は、特に親に感謝したものです。
「泳げるようにしてくれてありがとう!!」と(*^^*)v


----------------
小学校、中学校時代は、恥をかくのが本当に苦痛な時期。
大人になってしまえば、どうってことなくても、子供時代は嫌なものですよね??


わたしの水泳の始まりは親が無理やり入れた、「水泳 教室」

水泳 教室に入りたて頃の写真といえば、泣き叫んでいるものばかり。
コーチに無理やり抱きかかえられているものばかりです。



----------------
わたしは、3歳の時から水泳 教室に通い始めました。

最初は、顔に水がかかるのもイヤ !
でも、幼児の「水泳 教室」には、よいところがいっぱいあります。

少し挙げてみましょう。


・水泳は子供の体・精神面でも、非常にプラスになります。
・少しでも泳ぎを習得しておけば、溺れる心配も少なくなります。
・水泳をやる事によって、呼吸器系・筋肉なども鍛えられます。


----------------
わたしが水泳 教室に通い始めた理由に「体が大変弱かった」ということがあります。
大学病院で、早朝から母と朝から待ち続けた記憶があります。


始めは無理やりだった水泳 教室。
でも、水泳をやる事によって、随分体が丈夫になったと実感できます。
今では、むしろ、“体 丈夫です”といえる程☆(^_^)v


「水泳 教室 に入れるか」迷っている方、絶対に後悔しないと思います。

この機会にぜひ、「水泳 教室」
チャレンジしてみてはいかがでしょうか??







posted by mihotana00 at 18:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめリンク集
保証人なし融資 派遣社員 融資 銀行系カードローン 銀行ローン 審査 銀行ローン 種類 銀行ローン 借り換え 銀行 融資 個人 低金利 融資 低金利 ローン フリーローン 低金利 フリーローン 低金利 銀行 フリーローン 担保不要 融資 保証人不要 融資 担保なし フリーローン 融資 現金振込 低収入 銀行ローン 低所得 お金借りれる 低学歴 お金借りれる 低賃金 カードローン 即日 現金振込み 主婦パート お金 カードローン 即日 低金利キャッシング 担保不要 フリーローン 銀行ローン 金利 収入が少ない お金借りれる カードローン 種類 年金受給者でもお金借りれる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。